ほとんどの企業において業務システムは、IT機器をネットワークで繋げたものになっている現在、毎日の業務を滞りなく行なうために、常に電源がつきっぱなしになって稼動しているのが実

社内システムを変更した時の体験談
社内システムを変更した時の体験談

ほとんどの企業において業務システムは

39歳 男性
ほとんどの企業において業務システムは、IT機器をネットワークで繋げたものになっている現在、毎日の業務を滞りなく行なうために、常に電源がつきっぱなしになって稼動しているのが実情です。

滅多な事では変更する事はないのですが、どうしても新しい機能やソフトウェアを実装するためにシステムの変更が必要な場合は、社内システムそのものを変更する事になります。
我が社も今回、新しい機能を実装する事になったため、社内システムを変更しました。
社内システムは、企業の機密情報にも関わってくるシステムですので、企業の機密情報を保全する目的からすると、同じシステム会社に新しい社内システムへの変更を依頼することが通常です。

ITシステム会社からすると、社内システム変更を手早くスムースに行なうという事がモットーになっていて、休日の間に新しい社内システムに変わっていたので、その手際の良さにびっくりしました。
しかも、ユーザーインターフェースは以前のものとほとんど同じなので、新システムになっても使いやすかったから、多くの社員に好評だったのです。

関連サイト

Copyright (C)2019社内システムを変更した時の体験談.All rights reserved.